mobilis.clip

ディズニーと海外旅行と建築が好き。ニッチ需要でも個性的な切り口を目指すブログ。モビリス・ドット・クリップ

○○に行ってきたシリーズ 映画鑑賞

くまのプーさんを観てきました

投稿日:2011/09/26 更新日:

くまのプーさん観てきました。簡単に感想とか。

一言で言うと、期待していたもの以上!でした。くまのプーさんは、今は完全保存版として発売されてる作品が、実は自分の初ディズニーでした。もはや記憶にない年齢の時から何度も何度も観ている大好きな作品でして、思い入れもあります。そんなプーさんの最新作が、なんでサブタイトル無しの「くまのプーさん(Winnie the Pooh)」なの?と納得できなくて。これを観るまでは(笑)

このタイトルに至るにあたって何か他の経緯があるかもしれませんが、自分は知らないので好き勝手言わせてもらうとすると、本当にサブタイトルがなくてよかったです。どこをどう切り取ってもプーさんだし、タイトル通りにまさしく「くまのプーさん」。初めてプーさんを観たときから20年以上経ったけど、あのときのプーさんがそのままスクリーンの中にいて、そこだけで少しホロリときましたw

絵本と読み手を行ったり来たりしたり、ページとページの間のジャンプとか、文章の文字が降ってきたりとか、本の動きが挿絵の中も同期することとか、くまのプーさんの「変わらない」演出を観ていると、自分の20年ちょっとの人生がいろいろよみがえったりしてました。

実際の公開の時から数えると20年どころじゃないわけで、ちょっと怒られそうですが(笑)

歌はどれも良かったですね。ズオウとヒイタチ的なダークなシーンもあって、そのシーンの絵のタッチ(黒板のやつ)が個人的にすごく良かったです。この辺りは今までになかった新しい要素なのかな。蜂蜜の映像はとてもキレイで、変わらない演出をしていても現代風にバージョンアップしてるんですね。

映画を観ていて気になったのは、ちょっとテンポ良すぎるんじゃないのー?ということ。トントン話が進むので、飽きないで観てられるかもしれないけど、もっとプーさんはスローペースだったんじゃないかなあと思いました。自分にとっての「考えるシーン」は考える場所に行くという無駄な行為も含むプーさんだったので。テンポが早いせいか、オウルとプー・ピグレットのやりとり(くしゃみのところ)も「この人達お笑い芸人なんじゃないの!?」と思うくらいボケがポンポンでてきてた印象(笑) イーヨーのしっぽのくだりも、大喜利的な感じがあって、まあ100エーカーの森にはツッコミ役がいないわけですがw ここまでのボケを予想してなかったので掛け時計くっつけたときには吹きましたw

あとこんなに100エーカーの住人頭悪かったっけ!?と思ったけど、完全保存版を見返してみないとわからないですね。20年で受け止める側が変わっただけかもしれません(笑)

それからエンディングのスグモドルが出てくるのは本当に何で登場させたんだろう…って思いました。映画館の子ども達が「本当にスグモドルいたんだ!!」ってかなり盛り上がっていたんですけど、登場させること自体が意味不明でした。観ない方が良いかもw

だけども全体的には非常に満足です!!!

ど派手な演出とか、壮大なスケールのある物語とかがアニメでも注目されるわけですけど、このプーさんのようにど派手じゃなくても・壮大じゃなくても、良い映画って作れるんですよね。本当によかったです。

同時上映のネッシーのなみだは文句なしにいいです。上映中「グレンキーンって聞いたことあるんだけどなんだっけ・・・」と考えちゃいましたけども(笑) あんなタッチの短編も作るんだなあと思いました。よいです。(プーさんよりも泣きましたw)

-○○に行ってきたシリーズ, 映画鑑賞

執筆者: