mobilis.clip

ディズニーと海外旅行と建築が好き。ニッチ需要でも個性的な切り口を目指すブログ。モビリス・ドット・クリップ

○○に行ってきたシリーズ 映画鑑賞

遂に!ラプンツェルを観てきた!

投稿日:2011/03/24 更新日:

ららぽーと豊洲のユナイテッドシネマで、塔の上のラプンツェル(3D字幕)を観てきました。中身のネタ満載なので続きへ。

久しぶりの王道プリンセスものミュージカルアニメ!ということでずっと楽しみにしていました「塔の上のラプンツェル」を観てきたので、記憶が新しいうちに思ったことを書こうと思います。なお、間違っている部分等は指摘していただけるとありがたいのですが、感想に関しましては一個人のものなので、ご容赦ください(笑) ※ちなみに原作知りません。

感想、一言で表すとめちゃくちゃ良かったです!!! ラプンツェルがお城の街にたどり着いたシーンあたりからずっと涙が出っぱなしでしたw 最後は、まあああなるだろうなという想定内のしめくくりで、良くも悪くもディズニーの映画でよかった、という感想を持ちました。

気になったことを以下に。

・王道のディズニーという話を聞いていたので、始まりは絵本から→終わりはキスシーン!になると思ってた。

これは勝手な想像だったので外れたってどうってことないんですけど、語り手が主人公2人っていうのが自分には意外!!(他にもそういうのありましたっけ? 個人的に好きなのはヘラクレスのあのゴスペルの語り手なんですけどw)

・あ、でも過去のディズニーアニメーションの要素もたっぷり感が!

当たり前っちゃ当たり前なのかもしれませんけど。塔への幽閉・外の世界は怖いという洗脳や、悪役にあまり悪意が見られないところとかはやっぱりノートルダムを思い出したり。そして悪役が最後落ちて死ぬのは鉄板なんですかね。 
個人的に嬉しかったのはマキシマス(馬)がヘラクレスのペガサスと被って見えたこと。ヘラクレスではメグが嫌いだったけど、今回はフリンにいじわるしたりするシーンがとても好きです。表現力もCGになってパワーアップして最高です。動物キャラが際立ってるのはやっぱりディズニーらしくていいですね!!

・パスカルかわいい。

小さい動物キャラが側にいるのも鉄板ですけどとにかくかわいい。カメレオンなんて肩に置いてるのにウサギにおびえるラプンツェルかわいい。

・魔女マザー・ゴーテルはラプンツェルに愛情を持っていたの!?

この辺り自分には良くわかんなかったです…。たぶん持っていたんだろうけど、ラプンツェルのことを度々「flower」と呼ぶのが気になりました。でもラプンツェルは幸せそうで、ノートルダムのような痛々しさがないのがいいですねww

・キラーチューンがほしかった。

今回も素敵な音楽と歌がいっぱいあるんですけど、アラジンやリトルマーメイドに見られるようなキラーチューン的なものが無かったような気がします…。ひとつひとつはとても良いです。I See the Lightも良いです。でもパンチに欠けるというか。(「ぶんぶんぶん、蜂が飛ぶ」に聞こえて仕方がないのは秘密)

・フリン、もっと歌ってよ。

キャラクター設定的に仕方ないのかもしれないけど。あんなにイケメンで美声なのだからソロの曲とかあってほしかったです(笑)

・ラプンツェルとフリンについて

フリンっていつからラプンツェルに惹かれていったの……わかりやすさは求めないけど、元々が軽い男だったからよくわかんなくてw イメージ的には美女と野獣の雪合戦のシーンとか、ウィキッドのAs Long As You’re Mineみたいなシーンが……とか途中まで書いてみたけどやっぱり無理そうなのでなんでもないです。 
【追記】も、もしかしてこのシーンこそI see the light!? 察せなくてすみません・・・

・ラプンツェルの心の葛藤

この部分がハッキリと描かれていて、アリエルとかとは全然違うんだなっていうのがよくわかりました。フリンと出発した直後のシーンでは、子ども達大ウケでしたし大成功かと思います(笑)

だらだら書きましたが、言うまでも無くディズニーらしさと現代らしさが見事に融合しているすばらしい作品でした!!! もう一回観たい…!!!

 

あと今回初めてRealDの3D方式で観たのですが、メガネが軽くてすばらしいですね!! XpanDはメガネが重たいのが本当にネックです。そして(同じ作品という訳ではないので比べるのは違うのかもしれませんが)XpanDよりRealDのほうが3Dがきれいに見える気がします。これからはなるべくRealDを選ぼう!と思いました。

そして今回の「ユナイテッドシネマ豊洲」。座席がとっても広くてすばらしいです。肘掛けも普通の2倍あるので広々、前席までの間隔もとても広いので足も伸ばせます。椅子が跳ね上がらないタイプ=跳ね上げなくても人が通れる!!という素晴らしい構造。他の劇場も見習ってほしいです。

 

それでは他の方の感想を見て回って余韻に浸ろうと思います。拙い感想文でしたが以上です!!

 

-○○に行ってきたシリーズ, 映画鑑賞

執筆者: